クレジットカードのアフィリエイトは儲かる?注意点と稼げる期待値

クレジットカードのアフィリエイトは儲かる?注意点と稼げる期待値

クレジットカードのアフィリエイトは、成功の報酬が高いので少ない契約数だったとしても金額が大きく稼ぐことができます。しかも知名度が高いカードであれば、会員となる消費者の信用度も高いです。そのため稼ぐことができる案件として期待できるものです。しかし、注意点もあるので、理解した上で挑戦しましょう。

案件の数が多い

クレジットカードのアフィリエイトでは、探してみるといろんな案件があります。いろんなカード会社がバラエティーあるサービスを行っているため、こちらの会社の広告宣伝活動を行う場合でも報酬額が高いのが特徴的です。非常に稼ぎやすい案件が多くあるため初心者でも挑戦しやすい業界です。

こちらの案件では、報酬を獲得するための承認率が低い物や反対に高いものがあります。そのためカード会社によっては報酬の成果が発生する確率が高いものもありますが全然成果の発生がしない案件も存在しています。カード会社により成果の違いがあります。

知名度との関係

クレジットカードのアフィリエイトでは、知名度があるカード会社は、多くの人たちが会員に加入することで報酬を得ることが簡単な案件だと思われますが大きな間違いです。それは知名度がある事は、いろんな人たちがそのカード会社をしていることです。

そのカード会社についてアクセスをする人は多く集まりますが、案件の中には申し込みをして初めて承認される案件が多いのがカード会社の特徴です。そのためお金を稼ぐ場合には会員として申し込みをしてもらうことが必要条件となります。

それは既にカード会員になっている可能性があります。知名度がある事はいろんな人がその情報を耳にすることになるためカード会員になっている可能性が高いです。

成果の出る案件を見極める

広告主側にプロモーションの問題があることもあります。上手なプロモーションを行わないと批判の対象となってしまい案件自体が頓挫してしまうことになります。これは他のアフィリエイターが行っている広告宣伝活動が原因で発生してしまうことがあります。悪質な広告主も存在していることを理解して挑戦しましょう。

この悪質な広告主を見分けるのは、成功報酬を獲得できない案件については見切りをつけることです。1度案件としてブログやサイトで紹介を行い成功に結びつく可能性が低い場合やまるっきり成功にならない案件は次からは必ず受けないことです。利益を獲得できない案件は、継続しても無駄な労力を提供することになります。どちらも儲かる又は得をする関係の案件を見つけましょう。

自己アフィリエイト

クレジットカードの案件では、自己アフィリエイトにより報酬を得る人がいます。年会費が無料のクレジットカードを自ら申し込みをしてカードを発行してもらう方法です。自分自身で行うことになるため会員特典があるカードでなければ意味がありません。しかも何度も挑戦することができない方法ですが確実に報酬を得ることができる方法です。

年会費が有料のカードもあるためすべてのカード会社で利用できるものではありませんが、確実に報酬を得ることができる方法となります。この方法と通常のアフィリエイトを行うことで両方から報酬を獲得することができます。年会費が有料から無料によりやり方を変更することも上手な報酬の稼ぎ方になります。

また、商品やサービスを購入するときにキャッシュバックやポイントにより安く購入できる特典があるカードがあります。実際にカードを使用する可能性があるならば、こちらの方法がオススメになります。

自己アフィリエイトの注意点

自らカードの申し込みを行い、報酬を得る方法では、事前に成果承認の条件を確認する必要があります。申し込みをすることで成果につながり承認となる案件もありますが、電話の申し込み、来店して申し込むそして契約なのか必ず確認しておかないと意味のない申し込みになってしまいます。

カードを作成することは、作成枚数を決めて作成しておきましょう。頻繁にカードを作成すると信用度に影響する危険があります。また、1つのカードを1枚しか作成することができないため数に限りのある方法だと理解しておきましょう。

カードの案件では、報酬獲得の承認条件が細かく決められています。案件を受けるときには、成功報酬の承認条件を確実に確認しておかないと、成功報酬を獲得できない場合があります。この成功報酬の条件によりブログやサイトの制作も異なってきます。

また、キャンペーンの情報を掲載するときには、キャンペーン期間が設けられています。このキャンペーン期間が終了した場合には、速やかにブログやサイトの記事の内容を変更する必要があります。

サイトやブログに訪れたユーザーが間違った情報で申し込みをして、トラブルに発展しないように注意が必要です。カードの場合には放置型ではなく、定期的に確認することが必要な案件になります。