テキストリンクとバナーリンクはそっちがアフィリエイト向き?

テキストリンクとバナーリンクはそっちがアフィリエイト向き?

アフィリエイトサイトを作る際、メインとなってくるのがアフィリエイト広告です。サイト上でいかに広告をうまく宣伝するかで、収入が左右されます。ですが、アフィリエイト会社と契約していざ広告を張ろうと考えた際、少し悩んでしまう人も多いことでしょう。なぜなら、アフィリエイト広告といっても主に2つの種類があるためです。それは、テキストリンクとバナーリンクの2種類です。同じ広告内容であっても、見せ方ひとつで効果も大きく変わってきます。実際、どちらの方が理想的なのでしょうか。テキストリンクとバナーリンクの関係性についてご紹介します。

テキストリンクとバナーリンクの違い

テキストリンクとは、いわゆる文字リンクのことです。宣伝したい商品や会社、サービス名に関連する文字をそのままリンク化して、クライアントの紹介ページへと飛ばすタイプです。一方バナーリンクは、画像リンクを使った宣伝となります。テキストよりもインパクトがあって目を引きます。また、色や画像、イラストをもちいて宣伝内容を分かりやすく表現することができるので、リンクを踏まずともスムーズに内容が理解できます。その点、テキストリンクであれば文字情報のみしか伝わらないので、情報伝達についてもバナーより劣るといえます。

そうなってくると、バナーリンクの方が明らかに有効であると感じられてくるでしょう。ですが、一概にそうとも限りません。テキストとバナーには、それぞれメリットデメリットが伴うためです。両面を理解した上で、文字リンクと画像リンクを使い分けるべきです。

テキストリンクの特徴

前項の内容だけ見ると、テキストリンクにはネガティブなイメージが持たれがちかもしれません。伝わる情報量が少なく目立ちにくいということは、クリック誘導の力が低いように思えます。ですが、実際はそうでもありません。シンプルで目立ちにくいということこそが、テキストリンクのメリットとなるためです。

先に、バナーリンクのデメリットをご紹介します。それは、インパクトがありメッセージ性も高いゆえの、広告色の強さです。どれだけ魅力的な商品やサービスであっても、押され過ぎると少しイメージが悪くなるものです。その点、テキストリンクならサイト内のコンテンツに自然に紛れさせることができ、閲覧者はストレスを感じることなくクリックするかどうかを検討できます。この通りテキストリンクは、文字タイプだからといってバナーに劣っているというわけでもなく、むしろバナーのデメリットを補うような存在にもなっているのです。

バナーリンクの特徴

前述の通り、画像やイラスト、そして鮮やかな色味なども加わることにより、押しが強い感じになりやすいのがバナーリンクです。ですがこれもこれでデメリットばかりというわけでもなく、サイトを華やかにする、種類によってはクリック意欲を煽れるなどのメリットも持ち合わせています。また嬉しい効果に繋がる場合として、大手メーカーの広告を扱うケースが挙げられます。世間的に知名度が高く信頼されたメーカーの広告がサイト内に貼られていれば、それだけでサイト全体の印象すらアップさせるでしょう。この点、商品やロゴ、キャッチコピーをそのままのインパクトで表現できる、バナーリンクならではの強みといえるでしょう。

実際にアフィリエイト効果が大きいのは?

さて、それぞれのメリットデメリットを理解したところで、やはりアフィリエイトをするからには、実際効果がでなくては意味がありません。具体的にクリック率が高まるのは、どちらなのでしょうか。とあるサイトにおける、ほぼ同数の訪問者数、PV数を記録した2日間において、テキストとバナーそれぞれの広告を置いてクリック率を比べた実験では、結果的にテキストの方がバナーの約3倍に及んだそうです。もちろん、タイミングやサイトの種類、広告内容によっても変わってくるかもしれませんが、この傾向はある程度信頼のおける実験結果であるといえるでしょう。アフィリエイトサイトを運営する上で、テキストリンクをいかにうまく取り扱えるかが鍵となってくるでしょう。

ですが、ではテキストばかり貼っておけばいいかといえばそうでもありません。それこそ、サイトのデザインが寂しくなる、滞在時間に影響するなどデメリットも生じかねません。テキストを中心にしつつ、適度にバナーリンクも活用するといった、バランスの良い配置が好ましいといえます。

テキストリンクとバナーリンクはそれぞれに特徴がある

テキストとバナー、どちらを選ぶべきかという質問に、明確な答えは存在しないでしょう。なぜなら、それぞれにメリットデメリットがあるため、双方の特徴を理解して、バランス良く使用するのが好ましいためです。ただ、事実クリック率はテキストの方が期待できるという実験結果も出ているようです。そのため、テキストをメインにしつつ、デザインや引きを演出する意味で適度にバナーも導入するといった利用法が理想的であるといえます。